小林研究室の目指すところ・・・

高度金属製造・鉄冶金技術と原子力安全金属工学への展開

有史以来、人類は金属から多大な恩恵を受けてきました。その中でも特に鉄鋼は文明を発展させ、国家の礎となり、環境調和型の産業として現在も進化しています。その技術を高度に生かし、時代の要請に合った社会基盤材料を提供していくことが重要な使命です。当研究室では、鉄鋼製造技術の基礎である「鉄冶金学の発展に資する学問的研究」と、それを応用したエネルギー産業材料、中でも「原子力安全金属工学」を展開するための基礎研究を行っています。

キーワード
高温反応熱力学・速度論、金属製造プロセス リサイクル 原子炉安全金属工学 高融点金属 炉心金属材料劣化 相安定性 材料健全性 高温強度 廃止措置工学

明るく、楽しく、挑戦と成長を目指す学生の皆さんをお待ちしています!

お知らせ

安井先生歓迎会

安井先生の歓迎会を行いました!

国際会議発表

小林先生がスイスで行われたワークショップで発表されました。 The NuFuel-MMSNF 2019 workshop Y.Kobayashi, “Thermodynamic properties of F …

国際会議発表

伊藤さん(D2)がカールスルーエ工科大学(ドイツ)で行われたQUENCHワークショップで発表しました。 25th QUENCH workshop Physicochemical interaction between U …

優秀発表に選ばれました(FDR2019)

2019年5月に福島県で行われた福島廃炉研究国際会議 International Workshop on Fukushima Decommissioning Research(FDR2019)の発表が優秀発表に選ばれまし …

MIT Ballinger教授を特任教授にお迎えしました

小林研は東工大WRHIプログラムを活用して,MITよりBallinger教授をお迎えしました。 The profile of professor Ballinger (MIT web site) http://web.m …

PAGETOP
Copyright © 小林能直研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.